セミナー集客したい。講座に受講生を集めたい!あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

講師の仕事術 優先順位をつけられないあなたへ

講師、コンサルタント、カウンセラーなど、基本的に一人で仕事を
こなす方にとって「重要なことに集中すること」は重要課題です。

 

このところ時間活用についてよく記事を書いていますが、今日は、
「重要なことが絞れない」「優先順位をつけられない」と悩む方に
アイディアをご紹介します。

 

優先順位がつけられないあなたは

重要なことは何か?を考え、重要度の高いものからやる習慣をつけてください。

やり方の一案として、以下の方法をおススメします。

 

1・まず、ふせんを用意します。
一枚のふせんにあなたが取り組みたい問題、課題の「問い」を書きます。

例えば、「来月のセミナーを満席にするためにできそうなことは?」

 

2・その答えを1つずつふせんに書き出していきます。

 

・フェイスブックでイベントページを作ってご招待
・メルマガを書く
・ブログを書く
・チラシを作ってみる
・集客記事を修正する
・記事に写真を載せてみる
・こくちーずなどのサイトに登録する、など。

 

3・全部書けたら机か大きな紙などにはり、最も効果がありそうなものを

上から順に配置します。
この時「これはいらないかも」と思ったものは、別の紙によけておきます。

 

4・次に、それぞれのふせんに「時間見積もり」を15分単位で記入していきます。

この仕事は90分、この仕事は、120分、など。

 

5・自分が使える制限時間を考えながら、上から順にできる限りこなしていきます。

 

重要なのは、先に優先順位を考えておき、やる時はたんたんと上から1つずつ

こなしていくこと。

 

この習慣が身につくと、自然と優先順位をつけるのがうまくなり、重要なことだけに

集中できるようになります。

また、毎回「時間見積もり」を書くことで、それぞれの仕事にかかる時間を

意識するようになるので、「時間見積もりの甘さ」がだんだんなくなっていきます。

 

ぜひ、お試しあれ。

喉の乾燥を防げ! 加湿グッズ編

人前で話すことが多いお仕事の方にとって

喉の乾燥対策は重要事項ですよね。

 

【がけっぷち秘書 こばちん が書いています】

 

部屋の空気が乾燥しているからといって

加湿器を使うと、朝にはひどい結露に悩まされる。

電気製品好きのこばちんも、加湿器はちょっと苦手です。

 

よってお部屋の加湿対策はもっぱらアナロググッズ派。

かつては、「濡れタオルを干す」という王道手段に出ていましたが、

頭の周りにちょうどいい干し場所がなかったり、

生渇きのビミョーなニオイがいやだったりするので、

ここ数年はこんなグッズを使用中。

 

自然気化式小型携帯加湿器 ちょこっとオアシスプラス 10075【RCP】【RCP1209mara】

 

中の紙がじわじわと水分を蒸発させてくれるというスグレモノです。

 

水の入ったコップに同じような紙を入れて使うタイプのものもあるのですが、

出張先のホテルの部屋などでも使うなら、

朝にまだ紙が湿っていてもパタンと蓋を閉めて持ち運べる

このタイプがおススメ。

 

がけっぷち社長にプレゼントしてみたけど、喜んでもらえるかなー 😀

 

ネット集客【写真戦略4】素人でもできる講座の写真をうまく撮るコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットで集客記事を書くための効果的な写真の撮り方、使い方の続きです。

 

いつもこんな状態で【満席】【満員御礼】だったらいいけれど、

講座やセミナーに人があまり集まらないこともあるし、

大きな会場を借りているので、すかすかな感じになって、
「にぎわい感」が出ないんです・・・と悩む方がいらっしゃいます。

 

【にぎわっている感じを出す写真を撮る秘訣】
実は、【参加者の誘導】が鍵を握っています。

 

主催側が何にもしないで、受講者の好きに座ってもらうと

会場はたいていこんな感じになります。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( 3人掛け×8 定員24人が座れる会場に11人集まった状態 )

 

この様子をこのまま後ろから撮影したら、

空席が目立ち、確かに「すかすか感」が出てしまいますね。

 

そこで、前の方から順に詰めて座ってください、と誘導し

3人掛けのテーブルに2人ずつ真中を空けて

座ってもらうと、次のようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態で「赤線で囲んだ部分」の写真を撮影したら、

「にぎわっている感じ」の写真になりますね。

 

宝石赤開けておきたい後方の席には「荷物を置いておく」、または

 「スタッフ席」と書いた紙を張っておき、座られないようにする。


宝石赤座って欲しい席にあらかじめ「レジュメ」などを配布しておき

 「レジュメの置いてある席に、前の方からお座りください」と

 声をかけると、自然とこの形になります。


 最初から等間隔を開けて、資料を配布しておいてもイイですね。


 

さらに席を2つ減らし、空間を空けるとこんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤線の状態の写真を撮れば、「にぎわっている感じ」の

写真に見えますよね?

 

実際には、受講者の居心地なども考えると

満足度が高いのは「真中」の

「3人掛けの席に2人ずつ真中を空けて座ってもらう」のが

ベストなパターンだと思います。

 

 

こちらの予想以上に参加者が増えてぎゅうぎゅうになると

受講者が動きにくそうだった例↓

 

 

 

 

 

 

 

なかなか上手に参加者の人数調整をするのは難しいものです。

ですが、工夫次第で「にぎわい感のある写真」を撮ることは可能

 

準備なくして、講座の成功なし。

いい写真を撮るのもまた主催者の工夫次第なのです。

 

 

ビジネスネーム(改名したペンネーム)を使う上でのまとめ

aoyamahanako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスネーム

という単語で検索をしてこのブログにたどり着く人が
最近増えました。

 

青山華子=ビジネスネーム使用者

というイメージが一部で浸透したのでしょうか。

 

Facebookの流行以後、
「実名主義」がさかんに叫ばれている最近ですが、
まだまだインターネットで実名を出すのが怖いという人は
多いと思います。

 

たとえば、会社員なので会社には内緒でブログを書きたいとか
副業禁止ではないけれど、あまり公にしたくないとか
インターネット上に本名をさらすのは勇気がいるとか、
作家なので覚えやすい名前にしたいとか、

 

さまざまな理由から、ビジネスネームを使用したいと
思う人もいるでしょう。

 

そんな方のために、
私が良く聞かれる質問をまとめてみました。

 

■ビジネスネームとニックネーム、ハンドルネームの違い

「公的な名前」としていつも「青山華子」を名乗っています。
名刺にも書いてありますし、この名前で本も出版しています。

 

作家の「ペンネーム」に近いもので、
簡単に変えられるインターネット上での「ニックネーム」や
「ハンドルネーム」とは重さが違うと自分では思っています。

 

私の感覚では「旧姓使用」と近い感じです。

 

■ビジネスネームをつける(改名)上での注意点

 

検索しやすい名前、漢字を使うこと

 

いくら姓名判断で画数が良くても、一般の人が書けない漢字、
ふつうは想起しない当て字、難しい文字などが入っていると
検索エンジンで検索されにくくなるので、おすすめしません。

 

雑誌などでは、読みにくい漢字を使った
「いかにも占い師というビジネスネーム」をよく見かけます。

 

「占い師らしさ」という点では合格でしょうが、
インターネットで検索されないとビジネス上、不利になる今の時代には、
あまりよいビジネスネームではないと私は考えます。

 

■覚悟をもって使用し続けないならビジネスネームは無意味

 

名前を変えるだけでどんどん運がよくなったり、
仕事が殺到するということはありません。

 

改名してビジネスネームで売り出すということは、
あなたの名前を知っている人が全くゼロからの出発であり、
多くの人に認知させるのはかなり大変であるということを
知っておいてください。

 

また、使い続けて認知度が上がってくれば、簡単にその名前を
変更することはできませんし、もちろん不便なこともあります。

 

メリットも多いビジネスネームですが、いいことばかりではありません。

何があっても一生、ビジネスネームと添い遂げる、くらいの覚悟で
使い続けていきたいものです。

 

【関連記事】

本名と旧姓とビジネスネームについて ビジネスネームはどこまで使える?

ビジネスネームを使うことのメリットとデメリット

実名と顔写真どうしてブログに本名や顔写真を出さないんですか?

決めたことをやり遂げる!瞑想で集中力UP

遅ればせながら、先日ベストセラーとなっていた本を読みました。

でそこに書かれていたことのひとつを早速やってみたら

思いのほか効果があったのでご紹介。

 

【がけっぷち秘書 こばちん が 書いています】

 

それは「瞑想」

なんのためにやるのかというと、

「注意力、集中力、ストレス管理、衝動の抑制、

自己コントロールのさまざまなスキルが向上」

に効果的、ということだそうです。

これ、ちょっとスゴイですよねー。

 

ちなみに瞑想は一日5分でOK。

基本的には座って呼吸に意識を集中するだけです。

(詳しいやり方は本を読んでね)

 

こばちんは、キッチンタイマーを5分にセットしてやってみました。

5分って意外に長くて、その間、雑念を追い払うのって実は至難の業。

でも不思議と慣れるもので、しかも瞑想の直後って

特に集中しやすくなっていてびっくり。

あくまでも私個人の感想ですが、効果あり、という実感です。

 

というわけで、こばちんは、今日は集中力ないなーと感じた時に

さくっとしてみたりしながら、習慣にすべく努力しているところ。

 

いつでもどこでもタダでできちゃう「瞑想」

あなたも、だまされたと思ってやってみてはいかが?

 

スタンフォードの自分を変える教室 スタンフォードの自分を変える教室
(2013/04/26)
ケリー・マクゴニガル商品詳細を見る